サイコパスの素顔

小説を書いています。映画レビューもしております。

第25弾 『パージ』

 

はいはい! ユアセルフ です!

 

今回紹介する映画作品は『パージ』!!

浄化を意味する「パージ」という名の法律が制定された!?

 

 

 

監督 ジェームズ・デモナコ

主演 イーサン・ホーク / レナ・ヘディ

原題 『The Purge

ジャンル スリラー

上映時間  85

 

あらゆる犯罪が1年に一晩 合法となる法律

 

この作品に辿り着いたのは……『パージ:大統領令』という作品を見かけたからです。その作品が『パージ』シリーズの3作目ということを知り、だったら本作『パージ』を先に観ようじゃないかと思ったわけです!

ということで、今回の紹介に引き続き、次回はシリーズ2作品目の『パージ:アナーキー』、そしてその次に『パージ:大統領令』を紹介致します。

因みに、本作の映画に惹かれたもう一つの理由として、あの『トランスフォーマー』シリーズの監督を務めた「マイケル・ベイ」監督が製作に関わっているということを知ったことにもあります。

 

これは観るしかないでしょ!!

 

さっそく本作『パージ』を観ていきましょう!!

 

 

・ストーリー

アメリカ合衆国2022年、321日。今年も「パージ」の日がやってきた。

アメリカ全土で行われる「パージ」によって、アメリカの人口は抑制され、犯罪率・失業率は1%までに低下し、経済状況も増加を辿っていた。

全体主義による統治を行う「新しい建国の父たち」。その名の集団が設けた法律が「パージ」である。1年に1度、すべての犯罪が合法化される夜、19時から次の日の7時まで、警察・消防・医療サービスがすべて停止される。

そして殺戮の時間が始まるのだ。

暴力的本能を心の内に秘めた民衆が、その想いを一斉に解き放つ夜。復讐、娯楽、理由は人それぞれ。隣人を殺し、ホームレスを殺し、町は血で染まっていく。

富裕層の居住区に住むサンディン家は、防犯設備を整え、一夜を安全に過ごすはずだった。妻と子供ふたり(娘と息子)と4人で外の惨状に怯えながらも、耳を塞いでいた。

だがしかし、息子のチャーリーが自衛のできないホームレスの男を匿ってしまう。

それをきっかけに「パージ」を楽しんでいた若者パージ集団を怒らせてしまった。

獲物であるホームレスを引き渡せば、穏便に事を済ませる。だが逆らえば、家族全員皆殺しにすると言われたサンディン家は、家族を守りたい気持ちと人道に背く気持ちとの葛藤を迫られる。

果たして彼らは、残虐な若者パージ集団にホームレスを差し出すのか、それとも、人としての正義に従い若者と闘う道を選ぶのか。

12時間の殺戮の夜、彼らは生き残ることができるのか……!?

 

 

はい、いかがでしたでしょうか。

ストーリーはこのような感じになっています。

ここからは ユアセルフ 個人の感想を述べていきます。

 

 

わお、わお、わお!

 

とりあえず先に言っておきます。低予算の割には、意外と良きかな!

面白いか面白くないかは、正直意見が分かれるかも……。

 

でもでも ユアセルフ はこんな感じの映画、大好きです!!

 

なんでかって? 「人を殺しても許される」って……その設定がいいからです

 

法律で一切の犯罪を許容してくれる社会など、現実ではありえない。国がそんなことをするはずもないし、倫理観に囚われた人間の多くは簡単に受け入れられるわけがない。

 

でも実際のところ、この映画の中では、バンバンバンバン殺戮をしていきます

躊躇なく、情けもなく、理性を超えた暴力性が描かれているんです!

 

まぁ、おもしろい! 

もう一度言います。

まぁ、おもしろい!!

 

家族vs.若者パージ集団というストーリーはとても分かりやすく、パージという法律によってどのような社会が形作られているのかと、世界観の説明という観点からいえば、描き方は文句なしです。

残虐性は幾分少ないようにも思われますが、グロいシーンが苦手な人でも観ることのできる親切映画かと……(物足りない人は極めてサイコ)。

そしてそして、次回作の『パージ:アナーキー』へと繋がっていくのだと思われます(ストーリーは繋がっていないらしい……)。

 

85分と時間としては短く、飽きずにスリルを味わうことができます!

 

最後となりますが、一言だけ言わせてください。

 

人付き合いの良さような隣人には……お気をつけて……

 

以上、ユアセルフ でした……

第24弾 『ゾンビスクール!』

 

はいはい! ユアセルフ です!

 

今回紹介する映画作品は『ゾンビスクール!』!!

ちょっとした空き時間、気軽に観たいのなら、これ最高!

 

 

監督 ジョナサン・ミロ / カリー・マーニオン

主演 イライジャ・ウッド / レイン・ウィルソン / アリソン・ピル

原題 『Cooties

ジャンル ホラーコメディ

上映時間 88

 

……アツい……。

 

あっ、ごめんなさい。映画の話じゃないですよ。

夏が来たな……って話です。

 

扇風機の前であぁぁぁ、って言っている人や、クーラーの下でふぅぅ、って言っているそこのあなた。

もしくは仕事の休憩中、暑くてネクタイを緩めているあなた。

こんなにも暑いと、何をするにも集中力が持たないですよね。頭クラクラするし、ボーっとしちゃいますよね。

 

でもそんなときでも、映画は観ましょう!

お任せください! 最高の映画作品をご紹介いたします!

 

 

・ストーリー

小説家を志すも未だ一作も仕上がっていない教師、クリント。彼はニューヨークに出ていたものの、実家に帰ってきた。母校の小学校で臨時教員として働くことになったのだ。

出勤初日、クリントは職員室に挨拶をしに行くと、かつての同級生、ルーシーに出会う。

自己中心的な副校長、ガタイは良いが性格の悪い体育教師(ウェイド)、神経質な社会科教師、変人の理科教師、ゲイの美術教師……一癖二癖もある教員たちと顔を合わせる。

これからの教員生活に不安を隠せない中、いざ自分の受け持つ教室に向かい授業を行うと、からかわれていた女の子がいじめっ子の男の子の顔面に嚙りつくというちょっとした事件が起きてしまう。

初日から大変な思いをしたクリントは、その話を交えながら昼休みをルーシーと共にする。それを外で見ていたウェイドは嫉妬心に駆られる(ルーシーとは恋人関係にあるから)。

だがそんなこと、どうでもよかった。

教師たちが気づかぬ間に、子供たちは次々に感染していった。初めに男の子に噛みついた女の子が給食で食べたナゲット……実はそれが彼女をゾンビへと変貌させていたのだ。

そんなことに気がつかず、外で暴れまわっている子供たちを「いい加減にしろ! やめろ!」と怒鳴りに行った副校長は呆気なく食われてしまう。

やっとのことで事態の異変に気がついた他の教員たちは、パニックに陥りながらも生存の道を必死に模索する。

そこに守衛や用務員、感染を逃れた子供たちが加わり、ゾンビキッズたちとの戦いが繰り広げられる――。

 

 

はい、いかがでしたでしょうか。

ストーリーはこのような感じになっています。

ここからは ユアセルフ 個人の感想を述べていきます。

 

 

『最高の映画』とは……何なのか?

 

莫大なお金をかけて作られた映画は最高? 

壮大なスケールで描かれた映画は最高? 

何らかの賞を獲得できた映画は最高?

 

……いや、違う……。

ユアセルフ こう思います。

 

『最高の映画』とは……おもしろいかどうか!

 

その「おもしろい」とは、FunnyでもInterestingでも、どっちでも構いません! 

とにかく、おもしろければ、それは『最高の映画』なんです

 

……すいません。熱くなってしまいました(暑い日々の中、申し訳ありません)。

 

話は戻り、本作『ゾンビスクール!』は、おバカなコメディです。陳腐なゾンビ映画であり、お決まりの冴えない男が安っぽいラブロマンスを交えながら奮闘するお話です。

 

こんな映画(こんな……とは失礼だけど)、意気込んで観る必要はなく、こんな暑い日だからこそ、深く考えずに観て「あははっ!」と笑ってください! 

暑さを吹き飛ばすほど楽しんでください!

 

体育教師のウェイドがゾンビになってしまった子供たちを容赦なく倒していく姿、おそらく日本人設定であろう守衛さんが無双するシーン、子供だけがゾンビに感染するという設定、変わり者の教師たちのリアクション……そのすべてが、なんだかおかしくて引き込まれます!

 

ちなみに、主演の「イライジャ・ウッド」は「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズに出演していた俳優さんです! 

そこからの遊び心なのか、劇中にホビット発言が出てきます。知っている人ならば、クスっと笑えるポイントです

 

個人的には本作の続編を望んでいます! 設定とキャラが本当に好きです!!

 

先生なんて喰ッちまえ!!

 

それでは、これからもっと暑くなるであろう夏を、会社員の皆さん学生の皆さんもぜひ、上司や教師を喰うつもりで乗り切ってください!

 

以上、ユアセルフ でした……

第23弾 『レギオン』

 

はいはい! ユアセルフ です!

 

今回紹介する映画作品は『レギオン』!!

人類は……見放されたのか……!?

神を信じない。――神もお前を信じていない

 

 

監督 スコット・スチュワート

主演 ポール・ベタニー / ルーカス・ブラック / エイドリアンヌ・パリッキ

原題 『Legion

ジャンル SFアクションホラー

上映時間 100

 

この映画は、ユアセルフ とても好きな作品の一つです!

 

なんといっても、キャストが豪華!

上に挙げた主演の他にも、「タイリース・ギブソン」や「ケヴィン・デュランド」、「ウィラ・ホランド」に「デニス・クエイド」と、洋画・海外ドラマをたくさん観ている人ならば、知らない人はいないんじゃないでしょうか!

 

それにプラスして、物語の設定がとても良いです!

 

簡単に言えば、終末を描いたゾンビ映画のようなもの(ゾンビは出ないけど……)、隔離された限られた空間での攻防戦です。

そして人間の弱さが滲み出る描き方が、共感できるというか、なんというか……

 

兎にも角にも、おもしろいです!!

 

 

・ストーリー

“子供の頃、毎晩母は言った。「神に心を開きなさい。優しくて慈悲深く正しい方よ」と。何年かして父が家を出ていき、母と私たち姉弟モハベ砂漠の外れに取り残された。すると母は慈悲深い神の話をやめ、予言を口にするようになった。「世界が闇に包まれるとき、人類の運命が決まる」。ある夜、思い切って母に聞いた。「どうして神様は、人間にお怒りなの?」。「さあね」。母は、私の毛布を整えると言った。「身勝手さにあきれたのかも」”

モハベ砂漠にぽつりとあるダイナー。経営しているボブとその息子ジープ、そして従業員のパーシーとウエイトレスのチャーリー。そのチャーリーは、子供を身籠っていた。その子供の父親ではないが、ジープはチャーリーに想いを寄せる。そんな中、ダイナーを訪れた老婆が人間とは思えぬ暴れ方をして店内をめちゃくちゃにした。

テレビもラジオも繋がらず、何の情報も得られない状況下で、ダイナーに居合わせたお客は老婆の豹変やハエの大群の襲撃に混乱するしかない。

そこへ、ある男が現れた。

その男は自分を「ミカエル」と名乗り、「人間側につく」と武器を持ち共に戦ってくれるとのこと。話が呑み込めない皆の前で話を始める。「お前たちは我々の思いを裏切った。かつて人類を裁くために行った洪水が、今のこれにあたる。だが私はお前たちを助けるために来た。まだ希望はある。戦え。赤ん坊が唯一、人類の希望だ」。

そんなことを急に言われたところで、さらには狭いダイナーに立て籠もりながら数々の敵と戦うことは、困難なことだった。

それでも皆は、チャーリーの子供を守るようにして必死に戦う。だが次第に弱点を突かれていき、数名が命を落としてしまう。

そしてついに、ミカエルの友である「ガブリエル」が皆の前にその姿を現した……

 

 

はい、いかがでしたでしょうか。

ストーリーはこのような感じになっています。

ここからは ユアセルフ 個人の感想を述べていきます。

 

 

本作『レギオン』は、この一本限りの作品ですが……

 

ユアセルフ 切に願います……ドラマ化してほしい!!

 

是非ともドラマ化して、ストーリーをもっともっと深く、より厚く広げて、1シーズン10話ぐらいで、5シーズンぐらいで作ってもらいたい!

 

そう思えるぐらい、ハマってしまった作品です!

 

ちなみにですが、本作のタイトルでもある「レギオン」。これは、古代ローマでの軍団のことを指したようです。そこから転じて、軍団のことを「レギオン」というらしいです。

 

本作は、天使の軍団が命に従って人間を殲滅しに来るお話ですが、肝心の天使はふたりしか姿を見せません。

攻撃してくるは、そのすべてが人間です。心の弱いものが天使に乗っ取られ攻撃を仕掛ける……という設定ですので、姿形は人間のままなんです。

 

でもそこが、良いんです!

 

変に数多くの天使を描かれても、リアリティに欠けてしまいます。また、多くの人が天使の存在を信じているわけではないし、信じている人からすれば、本作での悪のイメージを持つ天使を下手に描かれてしまっていた場合、あまり観たいと思えるものではなくなってしまいます。

それでは、よろしいものとは言えなくなってしまいます。

あくまで、人間の行いが悪かったせいで引き起こされた出来事だと認識させ、ワガママな人間が戦う相手は自分と同じ姿をした人間……それは他ならぬ「戦争」の鏡写しであると ユアセルフ は思いました。

 

本作は100分と短い間に、考えさせられる事柄が多く見られる作品だと思っております。

 

本作のセリフにもありましたが、「目を閉じて考え、自分の生きてきた人生に誇りを持つことができないと思ったならば、心を入れ替えてまっとうに生きろ」――の言葉を胸に、本作『レギオン』を観てください。

そうすれば、ただのSFアクションホラーではなくなると思います。

 

もし本作のような展開が現実でこの先待ち受けているとするならば、あなたは、どうしますか? そうなったのは自分の責任ではなく、自分の行いはすべてまっとうだったと言い切ることはできますか?

 

できないのであれば、この映画を観た後にでも考えてみてください。

見放される前に、できることはあるはずです。

 

以上、ユアセルフ でした……