サイコパスの素顔

小説を書いています。映画レビューもしております。

XCIV. 好きだからこそ

 

 サイコパスは、同僚に相談した。

 

「最近好きな人ができたんだけど、どうしたらいいと思う?」

 

 相談した相手もまた、サイコパス

 同じサイコパスだからこそ、悩みを打ち明けた。きっといい答えが聞ける。そう思って彼は、サイコパスである会社の同僚に悩み相談。

 

「まぁ、素敵なことじゃない! 好きな人ができたなんてロマンチックね!」

 

 同僚は少し興奮気味に、満面の笑みで祝福してくれた。まだ「好きな人ができた」と言っただけなのに、同僚はまるで結婚を祝うように喜んでくれた。

 

「その子のこと、どのくらい好きなの?」

「え~、そんな質問するなよ。恥ずかしいだろ」

 

 サイコパスは、同僚と弾む恋バナに少し照れてしまう。

 

「もしかしてその子って、この会社の子?」

「…………」

「その反応は、イエスってことよね」

 

 とんとん拍子に剥がされていく真実。同僚はうまい具合に表情から詮索していった。

 

「もちろん同じ部署ではないよね。ってことは……経理部? 人事部? ……人事部ね!」

 

 何一つ答えていないのに、表情が答えを教えてしまったようだ。正解を導くことのできた同僚はうきうきとはしゃぎ始める。

 

「なるほど、なるほど。そうかそうか。人事部か~。そうよね。あそこはかわいい子多いもんね」

 

 自分のことのように嬉しさを表に出す同僚。

 

 サイコパスは、些か不安になった。

 

 というのも、同僚がこれほどまでに他人のことで喜ぶだなんて、もの凄く違和感があったからだ。普段の同僚は、冷静沈着。仕事に真正面から向き合い、定時に帰る。だが仕事の効率は非常によく、誰も文句を口にすることができないほど。

 仲がいいとはいえ、同僚の笑顔をあまり見たことがなかった。

 だからこそ……

 

 サイコパスは、不安になる。

 

「ねぇ。その子の名前なんて言うの?」

 

 顔を突き出して前のめりに訊いてくる。

 

「いいでしょ……名前ぐらい。ねぇ教えてよ」

 

 少しだけ同僚のトーンが低くなった。芯の通った声が、不安を……いや、恐怖を募らせる。

 

 サイコパスは、同僚の目に怯えた。

 

「うーん……名前はちょっと……」

 

 窮屈な空気の中、何とか言葉を口に出す。だがそれは、同僚を満足させるような答えではない。

 僅かに歪んだ気がした。同僚の顔が、強張るように震えた気がした。

 

「…………」

 

 沈黙。同僚の沈黙が恐怖を煽り、その時間は永遠のものに感じた。

 だが実際は、一瞬のこと。

 

「ふ~ん。いいじゃない別に……名前ぐらい。減るもんじゃないし。それに名前教えてくれないと相談に乗れないよ」

 

 同僚はそう答えると、偽りのない笑顔を表情筋に作らせた。

 それを見た途端に確信する異常さ。同僚に恋バナを相談したことを後悔することになったのは……翌日のことだった。

 

 サイコパスは、会社に来てそのことを知る。

 

「昨夜、人事部の〇〇さんが……亡くなりました」

 

 唐突に知らされた真実。

 想いを寄せていた彼女の名前が朝礼会で出たことに息を呑んだ。

 同時に、同僚の姿を探す。

 

 すると……遠く離れたところにその姿を見つけた。

 姿勢を正しながらも、何食わぬ顔で、秘かにほくそ笑んでいた……。

 

 視線を感じた同僚がこっちを見る。

 思わず顔を逸らし、見られている感覚に怯えながらも、必死に耐える。全身から流れ出る冷たい汗。反面、青ざめた顔の筋肉は固まってしまっていた。

 

 きっと……彼女だ。彼女が……

 

 サイコパスは、サイコパスでありながら、サイコパスの恐ろしさを初めて知ることになった。

XCIII. 叩殺

 

 サイコパスは、……。

 

 銀行にて立て籠もり。多くの人質がとられている。

 警察は要求に応えない。犯人は人質を一人ずつ殺すと宣言。それでも狼狽えない警察。

 マスコミの目の前に頭陀袋が投げられる。よく見るとそれは人間。

 顔面は見る影もないほどズタズタ。唇は腫れあがり、歯は欠けている。炎症を起こした頬肉が目を潰している。おでこの肉はざっくりと引き裂かれ、空気に触れた赤黒い肉がピクピクと痙攣を起こしている。力任せに金槌を振り下ろされたであろう顔の中心には潰れた鼻が粘り気のある液体を出している。

 その無残な光景に誰もが人であることを疑った。

 肉。赤黒く。ボコボコに。血が垂れる。ぐちゃぐちゃの粘土。のような人間。

 カメラに訴えた犯人の意思は嫌というほど伝わった。

 この時銀行の中では、無作為に選ばれた人質が次々と撲殺されていた。犯人は苦しめながら人を殺す快感に酔いしれ、死んでもなお問答無用に殴る蹴るを繰り返した。

 鉄板の入った靴は容易に顔面の肉を潰し切り裂いた。メリケンサックや金槌のような武器を惜しむことなく使うことで、次に撲殺されるのを待つ人質に恐怖を植え付けていった。

 

 犯人は知っていた。

 

 無能な警察が警察組織という名のプライドを守るが為に要求に応えないことを分かっていた。人質の安全など微塵も考えないことを犯人は分かっていた。

 だから犯人は見せつけた。

 人質を残酷に殺すことで国民に教えた。

 金なんて目的ではなかった。

 犯人は人質を殺すことで、人の命を無下にする警察という偽りの正義を叩き潰したかった。

 

 サイコパスは、……。

XCII. 泡

 

 サイコパスは、ゲホゲホッ……ゲホ。

 

 今日の朝、急いでお風呂に入った。

 頭洗って、体洗って、そして洗顔

 

 その時だった。死ぬかもしれない……そう思ったのは。

 

 思い切り泡立てた洗顔料を顔一杯に塗りたくって、手の平で転がす。今思い返せば、泡のほとんどが口周りに集中していた。

 そしてわたしは、何を思ったか、息を吸い込んだ。

 そのあとは一瞬の出来事。

 

 サイコパスは、死ぬかと思った。

 

 空気と一緒に口の中に入り込んだ、泡。

 泡が口一杯に入り込んで呼吸を妨げた。

 もちろんわたしは、何が起きたか分からずパニックになり、そのままゴクリと泡を飲み込んでしまう羽目に。

 

 そしたら……痛いのなんの。

 

 喉がイガイガしてすごく痛い。

 運悪く、使っていた洗顔料はスクラブ入り。粒粒が喉を傷つけたのではないかとすぐさま判断。でもどうすることもできない。

 パッケージの裏を見ても、注意書きには「目に入った時には――」としか書かれていない。

 

 いやいや! 飲み込んだ時の対処法を書いておいてくれよ!

 

 心の底からそう思ったが、すでにわたしのお腹の底では洗顔料が泡立っている。

 

 それよりなにより……喉が痛い。

 

 サイコパスは、とりあえず水をがぶ飲みした。

 

 洗剤を飲んでしまった時には牛乳か水を飲む。そんな曖昧な知識を持っていた。だからわたしは、必死に水を飲んだ。シャワーから溢れる水をがぶがぶがぶ。

 

 さらに、うがいも忘れない。

 

 これでもかと、喉の奥底から洗顔料を引き上げる感覚でうがいうがい。

 吐き出した水は明らかに少し泡立っている。

 でもこれで、いいはず。

 

 サイコパスは、冷静になって考えた。

 

 でも待って……喉バリクソ痛ぇ。

 

 サイコパスは、不安に苛まれた。

 

 とにかく喉が痛かった。胃の中がどうとかそんな話ではなく、とにかく喉。

 呼吸もままならないほどに喉がイガイガ。

 

 喉よ、喉。とにかく喉が痛いのよ。

 

 サイコパスは、病院に行くか迷った。

 

 でも結局、しばらく様子を見ることに。

 

 サイコパスは、ゲホゲホッ……ゲホ。

 

 まだ……痛ぇ……。