サイコパスの素顔

『サイコパス』を主とする小説を書いていきます

VI. 先生

 

「はい、それでは教科書の49ページを開いてください」

 

 サイコパスは考えた。

 

 制服に身を包んだガキを相手に、教壇に立って偉そうに話すあいつは、何者なんだろうか。

 

 サイコパスは得体の知れない人物を観察した。

 

「こら、そこ。携帯しまって先生の話を聞きなさい」

 

 先生? 今あいつ、自分のこと『先生』って言ったのか?

 

 『先生』ってなんだ? 『先生』ってどういう人のことを指す言葉なんだろうか。

 

 サイコパスは深く考えた。

 

 優しくて感じがよく、なんでも相談に乗ってくれる先生。

 態度が悪く、生徒に悪態ばかり吐く先生。

 叱ってばかりで怖いイメージしかないけど、本当は誰よりも生徒想いの先生。

 面倒ごとを嫌い、いじめを見て見ぬふりする先生。

 生徒と同じ目線に立ち、威張ることなく、友達のような関係を築く先生。

 生徒に嫌われたくなく、当たり障りのない話しかできない先生。

 女子生徒の人気が欲しく、ひいきばかりする先生。

 就職活動に失敗し、なんとなくなった先生。

 暴力や痴漢、万引きや殺人のような犯罪に手を染める先生。

 

 そのすべてを『先生』と呼ぶ。

 そして大人は、『先生』を敬えと説教する。

 

 サイコパスは分からなくなってきた。

 

 『先生』って誰でもなれるものなのかな。