サイコパスの素顔

小説を書いています。映画レビューもしております。

X. 殺人 ①

 

 サイコパスは、人を殺した。

 

 人を殺すのは初めてのことだ。

 

 愉悦と興奮が隠しきれない。

 罪悪感は微塵もなく、高揚感が先走る。

 

 サイコパスは、血に染まった両手を広げる。

 

 達成感と、安堵感。

 優越感と、開放感。

 

 様々な感情が、感覚が体の中を駆け巡る。

 

 こんなにも気持ちがいいなんて……

 

 なんで今まで我慢していたんだろうか。

 もっと早く……やっていればよかった。

 

 サイコパスは、好意を寄せていた人を殺した。

 

 好きだった人を殺したことには、理由がある。

 だが今は、そんなことどうだっていい。

 

 サイコパスは、考えることをやめた。