サイコパスの素顔

『サイコパス』を主とする小説を書いていきます

XVI. 勉強

 

 勉強って何のためにするんだ?

 

 サイコパスは、シャーペンを机の上に置いて考えた。

 

 何も考えることなく、子供の時から学校では勉強を教わる。

 そして意味もよく分からないうちから、社会に出て困らないようにするためだと親から教わる。

 

 サイコパスは熟考した。

 

 勉強する目的はなんなのか。

 

 安定した職業に就くため。

 お金を稼ぐため。

 自分の好きなことをするための基盤。

 勉強しろと親が口うるさいから。

 異性にモテたいから。

 勉強することが楽しいから。

 

 サイコパスは頭を横に振った。

 

 違う……全部違う。

 どれも当てはまらない。

 

 ある程度の勉強を、教養を学ぶ大切さは分かる。

 あと、他の人が知らないような雑学を学ぶことも必要だ。

 

 だってそうだろ。

 じゃなきゃ、他人を言葉巧みに騙せないじゃないか。

 

 他の人より知識がなくちゃ、説き伏せることはできやしない。

 

 人を踏み台にして、できるだけ楽して生きる。

 

 そうか……そのために勉強するのか。

 

 サイコパスは、満足した面持ちでシャーペンを握りなおした。