サイコパスの素顔

『サイコパス』を主とする小説を書いていきます

XXIII. ドライブ

 

 サイコパスは、走りながら考えた。

 

 教習所に通っていた時から、なんとなく感じていた。

 

 アクセルの上に足を置くと、無性にスピードを上げたくなる。

 横転するほどの勢いで、ハンドルを切りたくなる。

 

 その衝動に日々駆られる。

 

 もし本当にそんなことをしたらどれほど危険なことなのか、頭では分かっている。

 自分の命に危険が及ぶだけでなく、人様に迷惑をかけてしまうということも重々承知だ。

 

 でも、どうしてもやりたくなる。

 

 頭を振って無理矢理その考えを振り払っても、理性の壁を超えようと衝動が暴れ出す。

 この抑えきれない衝動に駆られる気持ちは、おそらく常人には理解できないのだろう。

 

 止められない……どうしようもないんだ。

 

 少しでも集中力を失ったら、すぐにでも壁が崩壊し衝動が顔を出す。

 

 そうならないよう必死に抑え込むが、もう無理そうだ……

 

 サイコパスは、高速道路に侵入した。

 

 数分後、天地が入れ替わる様を目にし、体にかかる圧力を感じた。

 粉々となったガラスが宙を舞い、燃えさかる炎の熱を感じた。

 

 でもそれとは別に、心が穏やかになる不思議な感覚を得た。

 

 壁の決壊と同時に込み上げてくる……開放感。

 もうこれ以上は自分を押さえる必要がない……安堵感。

 

 サイコパスは、自分を抑え込もうと必死に努力した。