サイコパスの素顔

小説を書いています。映画レビューもしております。

LX. 殺人 ⑥

 

 うぇ……さすがにもう気持ち悪い。

 

 サイコパスは、肉が刺さった状態のフォークを皿の上に置いた。

 

 カランと金属音が鳴り響き、不快感を刺激する。

 

 今日で何日目だろうか……? 朝昼晩とずっとお肉を食べている。

 ステーキだけじゃ飽きてしまうから、唐揚げや肉じゃが、ミンチにしてハンバーグを作ったりと、試行錯誤して胃の中に放り込んできた。

 でも、そろそろ……限界。

 

 サイコパスは、吐きそうになりつつも、グッと堪え口の中のお肉を飲み込んだ。

 

 お肉は好きだから飽きないと思うって言ったけど……前言撤回。

 やっぱきついわ……

 

 彼女のことが好きだということを考慮しても、正直もう無理だ。

 というか、彼女のことが嫌いになりそう……

 

 サイコパスは、フォークを突き立てた。

 

 なんでこんなに脂っぽいんだよ!

 

 僕が好きだった彼女は、華奢でスタイルのいいモデル体型だったのに、これじゃまるで脂肪だらけのデブを食ってるみたいじゃないか!

 そんなん気持ち悪いわ!

 

 君は、死んでまで僕を苦しめようとするのかよ……!

 

 フザけんなよ! ムカつくことしてんじゃねぇぞ!! 忌々しいメス豚が……!

 

 サイコパスは、狂いだした。

 

 肉の乗った皿を床下にぶち投げると、全体重を乗せて踏み潰した。

 

 フォークとナイフをどこかへ投げ飛ばし、怒りをあらわに暴れだした。

 

 体をグワングワンと揺らし、頭を搔き毟る。

 

 サイコパスは、子供のように喚き散らし、とめどなく感情を吐き出す。

 

 その動きでカランカランと音を立てる、彼女のネックレスが虚しく泣いた。