サイコパスの素顔

小説を書いています。映画レビューもしております。

LXXIII. 友達

 

 サイコパスは、人を殺した。

 

 僕は人を殺した。

 でも興味本位で殺してしまったから、この後どうしていいか分からない。

 そこで僕は友達に電話することにした。

 

「あ、もしもし、僕だけど、今大丈夫?」

「えっ、いま? ……うん、大丈夫よ。どうしたの?」

 

 電話に出た友達の呼吸は荒かった。

 

「なんか呼吸荒くない? 大丈夫……?」

「大丈夫、大丈夫。ちょっとランニングしてただけだから。それで、何の用?」

「えーっと、少し聞きたいことがあって連絡したんだけど……いいかな?」

「いいわよ、どうしたの?」

「実は……人を殺しちゃったんだ」

「ウソでしょ……!? あなたが殺ったの?」

「そうなんだ。でも突発的に殺しちゃったから、この後どうしていいか分からないんだよ。お願い、力を貸して」

「あー、そういうことね。わかったわ。それじゃ助言してあげるからメモでも取って」

「うん、わかった」

 

 その後数分間、僕は友達の言葉を一言一句しっかりと聞き取り、ペンを走らせた。

 

 友達のアドバイスは、的確だった。

 死体の解体の方法。持ち物の処分の方法。足がつかない証拠隠滅の方法。そのすべてをレクチャーされ、僕は必死に頭に叩き込んだ。

 

「……これで最後かな。なんかわからないことある?」

「ううん、大丈夫、助かったよ。ありがとう」

「またなんかあったら遠慮しないで連絡してね」

「うん、連絡する、ありがとう」

 

 そして僕は電話を切った。

 そして僕は思った。

 

 『持つべきものは友達である』と。

 

 困ったことがあったら相談に乗ってくれる。

 分からないことがあったら優しく教えてくれる。

 自分ひとりじゃどうしようもない時、助けてくれる。

 

 頼りたいときに頼れる存在、それが『友達』。

 

 サイコパスは、友達の大切さを知った。