サイコパスの素顔

小説を書いています。映画レビューもしております。

XC. 殺人 ⑨

 

 波の音にその身任せ、隣にいる美しい女性の横顔を盗み見る。

 幸せといえるこの時間、朝7時の太陽は優しかった。

 

「綺麗ですね」

 

 彼女が言う。

 

「ええ。綺麗です」

 

 僕が言う。

 

「サキさんは、海好きなんですか?」

「う~ん。好き。よく一人で来たりする」

 

 輝く瞳を海に向け、彼女は穏やかに笑った。

 惚れ惚れとする彼女のその顔を、僕はただじっと見つめている。

 

「……変だよね? 一人で海にくるなんて」

 

 沈黙が変な誤解を生んでしまった。僕は慌てて彼女に詰め寄る。

 

「そんなことないです! 変じゃないです! 僕も海好きですし、一人でよく来ますよ!」

 

 あまりにもムキな態度を示したせいか、少しびっくりしてしまう彼女。でもそのあとに続いたのは、素敵な微笑みだった。

 

「じゃあ、あなたは変な人ですね」

「…………」

「ぷっ、あははは。冗談ですよ」

 

 僕とは違って、冷静なユーモアを見せた彼女。それにつられ、ぼくの顔も自然と緩んでいた。

 改めて思う……素敵な時間。

 

 別に、特別なことをしているわけではない。

 別に、僕と彼女が付き合っているわけでもない。

 別に、この後彼女とどうしたいとか思っているわけでもない。

 別に、彼女を振り向かせたいと思っているわけでもない。

 

 毎日のように顔を合わせるようになった、ただの客とカフェ店員。そのふたりが朝日を見ているだけ。ただ海辺でゆったり時間を過ごしているだけ。ただ、それだけ。

 

 でも僕にとっては、その、別にが、その、ただ、だけが……

 

 ――特別に感じた。

 

 彼女が笑う。僕も笑う。波の静けさに、ふたりの笑い声が重なり合った。

 

 サイコパスは、この素敵な人を手に入れたいと思った。

 

 ……絶対に。