サイコパスの素顔

『サイコパス』を主とする小説を書いていきます

IX. 悪臭

 

 もう我慢できないっ! 臭すぎる!

 

 よりにもよってなんで隣に座ったのよ!

 

 サイコパスは、我慢の限界に達した。

 

 こういう人種はなんで皆同じような臭いがするの?

 

 鼻をつんざくような酸味がかったすえた臭い。

 どこが発生源なの?

 そのだらしない服、洗ってないの……? それとも風呂に入ってないからなの……?

 

 どっちでもいい。とにかく臭い。

 息をするのが苦しい……

 

 サイコパスは嫌悪感を抱いた。

 

 しかもそういう奴に限って必ずゲームしてるし……

 

 電車の中で、公衆の面前でゲームする自分の姿を恥ずかしいとは思わないの?

 もしかしてかっこいいとか思っちゃってるのかな……?

 なら勘違いしているお前に声高々にして言いたい。

 

 マジでダサいよ!!

 

 サイコパスは、ますます気分が悪くなってきた。

 

 現在朝の9時。

 まだ眠いし、ムダに動きたくない。

 

 よかったね、お前は運がいいよ。

 

 元気があったら、今頃お前を殺しちゃってる。

 バックに入っているハサミを取り出して、躊躇なくその汚い首元に風穴を開けてるよ。

 

 そうすれば勢いよく噴き出す血の香りで、少しはマシになるかもね。

 今のお前の臭みが消えるならなんだってする。

 

 サイコパスは、ハサミを握る手をそっと緩めた。