サイコパスの素顔

『サイコパス』を主とする小説を書いていきます

XXXII. 初恋

 

 サイコパスは、恋をした。

 

 同じ大学に通う男の子に恋をした。

 初めての感情に戸惑い、自分の気持ちに素直になれない。

 

 彼からメールが届く。

 

 メール画面に映る彼の名前を見ただけで心がそわそわする。

 どう反応していいかわからず、メールを2日間も放置してしまっている。

 

 サイコパスは、戸惑っている。

 

 今まで、自分以外の人間になんて興味なかった。

 ただの道具としてしか見てなかったし、レベルの低いクズばっかりで無関心だった。

 

 でも初めて、自分以外の人間に意識が向いた。

 電車に乗っているときも、大学で講義を受けているときも、彼のことばかりが頭を離れない。

 

 なのに、自分の気持ちがわからない。

 好きなのに、その気持ちを認めるのが怖くてどうしていいかわからない。

 

 サイコパスは、携帯を握りしめ画面を見つめる。

 

 嫌われたくない……その思いが心を縛り付ける。

 恥ずかしい……その思いが心を駆け巡る。

 怖い……その思いが心を蝕んでいく。

 

 サイコパスは、彼を殺したいと思った。