サイコパスの素顔

『サイコパス』を主とする小説を書いていきます

XXX. 殺人 ③

 

 朝目が覚めると、横には死体があった。

 

 なんだ……夢じゃなかったのか……

 

 サイコパスは、愛する者を殺した現実と向き合う。

 

 温かい朝なのに、死体はすっかり冷たくなっていた。

 

 今日は土曜日、仕事は休みだ。

 この死体をどうするべきなのか、考える時間はたっぷりある。

 

 うーん……あーあ。

 

 かたい床を手の平で強く押し、重たい体を持ち上げる。

 ベランダに向かいカーテンを勢い良く開けると、眩しい太陽が顔を出した。

 

 サイコパスは、お日様に照らされる。

 

 よーし……とりあえず朝ごはん食べよう。

 

 朝は何か食べてエネルギーを補給しないと、頭が働かないからね。

 それに朝食を食べるのは毎日の習慣だしね。

 

 床に静かに横たわる死体を横目に、行動を開始する。

 

 サイコパスは、考えることなくキッチンに向かった。