サイコパスの素顔

『サイコパス』を主とする小説を書いていきます

第9弾 『ジョニー・イングリッシュ』

 

どーも! ユアセルフ です!

 

今回紹介する映画作品は『ジョニー・イングリッシュ』!!

最高に笑えるコメディ・スパイ映画です!

 

 

彼は恐れを知らない 彼は危険を知らない 

彼はなんにも、わかっちゃいない

 

監督 ピーター・ハウイット

主演 ローワン・アトキンソン / ナタリー・インブルーリア / ジョン・マルコヴィッチ

原題 『Johnny English

ジャンル コメディ

上映時間 87

 

最近話題のスパイ映画と言えば『キングスマン』……いやいや、『ジョニー・イングリッシュ』でしょ!!(古い作品だけど……)

この映画を観ずしてスパイ映画は語れない!

Mr.ビーン”でお馴染みの「ローワン・アトキンソン」演じる爆笑コメディ。

 

これを観て、一生分笑え!!!!

 

 

・ストーリー

超クールなエース諜報部員になることを夢見る内勤スパイ、ジョニー・イングリッシュ。

だが実際の彼は、超おバカでおとぼけなダメダメスパイ。

そんな彼に、突如重大ミッションが課せられた。

それは、英国王室戴冠用の王冠を盗まれないよう警備すること。

しかし、案の定、ジョニー・イングリッシュは任務に失敗。何者かに王冠が盗まれてしまう事態に。彼は、部下のボフを引き連れ奪還作戦にでることに。

盗んだ犯人はフランス人実業家のパスカル・ソヴァージュだと考え、その証拠を掴もうと奔走する彼だが、行くとこ行くとこでおバカなミスの連チャン騒ぎ。

やることなすこと失敗ばかりの彼は、無事王冠を英国へと取り戻すことができるのか……?

事件を解決に導き、夢見る敏腕スパイになれるのか……!?

 

 

はい、いかがでしたでしょうか。

ストーリーはこのような感じになっています。

ここからは ユアセルフ 個人の感想を述べていきます。

 

 

いやー、やっぱりこの映画は何回観てもおもしろい!!

 

イギリスを代表するコメディ俳優「ローワン・アトキンソン」の演技はマジで別次元!

笑えるなんてレベルじゃないぐらい笑える!!

 

ローワン・アトキンソンの演技は、笑かそうと思ってやる笑いではなく、あくまで自然体の笑い!

こういう人実際にいるかもなー、っと思うようなその姿に、笑いを堪えようとしても思わず笑っちゃう!(我慢する必要ないよ)

 

カッコつけて、いかにもできるオーラを放っているのに、本当におバカなミスばっかり!

その様子に、イラっとするわけでもなく、不思議と可愛く見えてきてしまうのも、ローワン・アトキンソンの魅力の一つです!

 

ジョン・マルコヴィッチとの共演も最高の一言! 演技が本当に個性的。

ユアセルフ の好きな俳優の一人です。

 

実はこの作品、2011年に続編が出ています!(2もめちゃくちゃおもしろい!)

この際、12も両方観ちゃってください!!

 

『ジョニー・イングリッシュ』!!

その名、スパイ映画の代名詞!!

 

それでは、今回の映画紹介はこのへんで……